2014年 05月 08日
試し撮り F90Xd
ニコンF90Xd の試し撮りです。
現在、わたしの手元にニコン用レンズはAi方式以降のもので10本あります。
写真はレンズ!その通りだと思います。一眼レフの醍醐味はそのレンズを交換して写真を撮れるという
ところでしょうか。

フィルムカメラでPentaxSPはわたしの青春のカメラ、OM-1は親戚より頂いたレンズ。どちらも縁あって
所持していますが、F90Xdはなんの縁も因もないカメラ。ネットオークションで求めました。
何故買ったかと言えば、一つには、上に書いた両カメラはSS上限が1/1000で、今時のフィルムはISO
400からの感度のものが多く(露出2段分のアップ)、これらのカメラでISO400のフィルムを使うと、晴天
時には足かせとなって、ISO100使用時:SS1/250―>上限の1/1000となり、白く反射光の多い被写体
になると、絞りで調整するしかありません。
ネガの場合は、露出のオーバー側には強いので、多少は指針計をオーバー気味にして撮るのですが、ポジ
を使いたいとなった時には、もう少し細かい露出を考えなければ撮れそうもないので、その辺も意識して写真
を撮るなら、やはり、SS1/4000くらいまであるカメラが欲しいものだと。
それともう一つ。現在D7000を持ち、フィルムもニコンのカメラを買うとレンズをデジタルとフィルム、両方で
使えることですね。一粒で二度おいしい、そんな美味しい楽しみに気付いた時、そして、安く、機能もまず
問題なさそうなカメラが目に映ったら、、、もう止められません。

尚、購入にあたりこれまでにもいろいろとアドバイスを頂いている、岳の父ちゃんさんにご協力を頂き、絞り
環のないGレンズのSモードでの使用状況を確認して頂きました。ありがとうございました。
このことで、最も気に入ったレンズの、Tamron SP28-75 F2.8Di と SP90 F2.8Di Macro が使える
見込みがつき、更に購入の気持ちを強くした理由です。

ニコンのDXレンズも取付きます。18-105Gレンズは撮像レンジの関係で左右でレンジ外が黒く蹴られま
すが、55-300Gはズーム域70mm周辺では四隅が少し蹴られるだけで、その他のズーム域では
ファインダーからは全面視認が出来ます。ちょっと驚きました。但し、VRは利きませんので、、、

AIAF 28mm F2.8D / Mode:A 1/2000sec F8
c0116284_107132.jpg

AIAF 28mmF2.8D / Mode:P 1/640sec F16
c0116284_1073338.jpg

AiAF 28mmF2.8D / Mode:P 1/800sec F16
c0116284_1085231.jpg

AiAF Zoom 28-70mm F3.5-4.5D / Mode:P 1/1000sec F16
c0116284_1091316.jpg

AiAF Zoom 28-70mm F3.5-4.5D / Mode:A 1/2500sec F8
c0116284_10144845.jpg

AiAF Zoom 28-70mm F3.5-4.5D / Mode:A 1/1600sec F8
c0116284_1095357.jpg

Tamron SP28-75 F2.8Di / Mode:S 1/5000sec F5.6 中央部重点測光
c0116284_10101280.jpg

Tamron SP90 F2.8Di Macro / Mode:S 1/800sec F11 (トリミング)
c0116284_10102592.jpg

@伊東
 F90Xd & Fujicolor SUPERIA X-TRA400, Epson GT-F600
[PR]

by eastcoast92 | 2014-05-08 18:00 | カメラ


<< マクロ 春の花 その二      1994~2000年販売 定価... >>