2016年 06月 20日
リンゴのペンタックス
先週BSで放映された「ハード・デイズ・ナイト」(旧邦題:ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」)を見ているとリンゴの手にするカメラに注目。
ブラックペイントされた一眼レフのカメラのペンタプリズムハウジングには白文字で「PENTAX」。
当然この機種は何か?と気になりだして、、、

映画の公開は1964年ですから、当時販売されていたペンタックス一眼は”SV”だと思うんですが、撮ったビデオを止めてじっくり眺めるとレンズの銘板の文字の配列から察するに”S1A”ではないかと推測します。
尤も不鮮明ではっきり文字が分かるわけではありませんし、レンズが55mmでという条件が付きますが。
”S1A”は’62年発売ですから有っても当然です。”SP”という方もいるようですが”SP”の発売当時は英国では映画は既に公開されていたようですし、軍艦部にSPOTMATICの文字が見えないので、これはないですね。そうであればSPを持つわたしは嬉しいのですがね。
それに、カメラが水中に没するシーンがあって、当時最新型のSVよりS1Aなら惜しげもなく使えたのではないか、という憶測も加えて”S1A”を推します。

尚現在のPENTAX、往時の勢いは感じられません。ちょっと前はHOYAにお世話になり、現在、デジタルカメラ部門はリコーで存続しています。
c0116284_09244549.jpg
c0116284_09183278.jpg
c0116284_09185092.jpg
c0116284_09192261.jpg
 松崎町にて(6/18)
 /D7000





[PR]

by eastcoast92 | 2016-06-20 14:23 | カメラ


<< 結界      あじさい と あじのある?話 >>