カテゴリ:レコード( 9 )

2016年 04月 20日
雁風呂
雁風呂は春の季語。
  雁風呂や海あるる日はたかぬなり  虚子

「雁風呂」 は落語のネタにもあります(噺はリンク参照してね)。
このところ新しく仕入れたSONY「ウォークマン」にそういった落語を入れて、床に入ると眠れぬ夜の子守歌代わりに聞いています。
以前にもデジタルオーディオプレーヤーは二度ほど持つときがあったのですが、どうも使い辛い機種で、まあ安い品と言ってしまえば諦めがつく程度のものでした。
今回はまた思いが募り、ヤフオクで中古「ウォークマン」をゲット。電池さえもてば中古で充分。ただし、音には少し拘ってAシリーズを求めました。
やっぱり私の年代ではSONYの文字には憧れがあってイコール「信頼」となりまして、で、やっぱりSONY!操作性が全然今までのノーブランドとは違う。
早送りが出来るのは一番うれしい。だいたい落語を聞いていると途中で眠ってしまう。(だからこそ「子守歌」代わりなのですが)
早送りが出来なかった前ノーブランド品は、次の日また噺を出囃子から聞くことになり、そのうちウトウトっとなり、また前日と同じところで寝入ってしまう、この循環が繰り返されてきました。
まったく締まりのない、与太な始末で、デジタルオーディオプレーヤーとやらもいつの間にかどこぞへ消えてしまいました。
今回は違う。前日寝入ったところから聞き直せるのであります。操作も目を瞑っていても大丈夫。間違って他を呼び出すこともなし。
昨夜はRolling Stonesを数曲聞いて、若手二つ目連中の噺を聞いて、、、やっぱり眠ってしまった。

 (ブログの更新が進まなかったこの期間に、だいぶ春の様子が進みました。)
c0116284_22085055.jpg
c0116284_22133698.jpg
c0116284_22135661.jpg
c0116284_22141267.jpg
「雁」の話は、ほかに圓生の「蕎麦の殿様」にも出てきますが
お姫様(六代目圓生云うところは「しめさま」)が、南の空に「がん」(雁)が飛んで行く、と発声すると、取巻きから「がん」は下衆の言葉、「かり」と申すように注意される噺があります。
こちらの噺はお姫様がキセルの首を飛ばしてしまう場面に繋がるのですが、そこでの言葉は…ちょっと…ブログでは紹介できません。

 池/伊東市
 /D7000








[PR]

by eastcoast92 | 2016-04-20 22:41 | レコード
2015年 11月 29日
想いの届く日/EL DIA QUE ME QUIERAS
先週はネットオークションでCDを同日二枚落札。
郵便受けを覗くと、それらしき梱包二つ。おぉやっとき来た。
郵便受けの前蓋を開けると、いっしょに多くの葉書がはらはら落ちて、拾うと皆喪中を知らせる葉書。
ことしは多い、そんなわが身の歳回りでもあります。
CDの封を開き、表立った傷はなし、よし。
葉書を手にして数枚で、馴染みの先輩Uさんの奥さん名の差出人におや?、あぁ親御さんだな、、、しかし、「夫」の文字に唖然。
学生時代に同じ下宿に住み、いろいろお世話になった先輩の名が故人として記してあった。
社会人となってもご夫婦で当地へ何回か遊びに来て、年数回は電話で近況を話していたのですが、4年前から体調を崩していたことは知っていました。
それでも勤め先の大学の定年後は読書三昧、釣り三昧の日を送ることを楽しみにしていたのだが。
この二年くらいは電話に出ることは無く、奥さんとの会話の中でいくら鈍感な私でも病状の進行を察していた。
突然の逝去となり、これまでのお礼を申し上げることも出来ず残念至極、またお見舞いにも行かず反省もしている。  合掌
c0116284_12351990.jpg
CDは二週間ほど前か、日曜日、車のラジオのスイッチを入れるとFMからギター演奏の「虹の彼方に」が聞こえてきて、技術もさることながら、音色が素晴らしく聞き入った。
後に解説が入り、なんと編曲は故「武満徹」。武満徹と云えば私には難解なクラシックの流れのなかの現代音楽、また映画音楽などの作曲家としての認識しかなく、ギターの為の編曲をしていたのは知らなかった。
「ギターのための12の歌」という編曲集があり、多くのギタリストにより演奏されていることも知りました。
曲は誰にでも知られた曲ですが、アレンジが素晴らしいです。
出来ればギタリストの大萩康司の秀逸なテクニックと音色を聞いてみてください。

(奏者は不明です)

 /D7000








[PR]

by eastcoast92 | 2015-11-29 17:59 | レコード
2014年 03月 20日
♪ You Are Only Lonely が流れて
朝、TVから流れてきた曲、耳にしたことがあり、和む気持ちもあって画面を見ると、番組はBS-TBS「Song to Soul」。
その時代を風靡した曲の誕生までを、歌手、ディレクター、演奏者のインタビューを交えて紹介する番組ですが、朝は再放送で流しているようです。
で今日の登場は、作詞作曲、歌、いわゆるシンガーソングライターのジョン・デビッド・サウザー。
興味深かったのはエレキギター奏者の出しゃばらない演奏スタイルでした。
どんなって、、、
こんな感じです。
1979年  You Are Only Lonely by J.D Souther 歌詞は和訳付

この曲のヒットの4年後に出されたレンズ、「 Tamron SP28-80/3.5-4.2 CF Macro」を手元に置いています。
PentaxSP或はOM-1用に単焦点広角レンズが欲しくなり、ネットオークションを探しましたが、古いMFのレンズでもかなり高いですねぇ。
単焦点レンズは暫く諦めて、ズームならそれなりの安いレンズもあり、上記レンズを手に入れました。
早速ですが、SPに着けて桜を撮りに。川奈ホテルの大島桜(先週)です。
雨がポツリポツリときだし、暗くなった空模様の中、絞り開放でパチリ。
紗を掛けたような写り、どうでしょう?(腕が悪いからボケただけじゃあ、、、)
c0116284_16415549.jpg


 /Pentax SP & Fujicolor SUPERIA X-TRA400, Epson GT-F600
[PR]

by eastcoast92 | 2014-03-20 19:00 | レコード
2012年 02月 23日
デジタル・オーディオ・プレーヤーを仕入れて
ネットオークションでデジタル・オーディオ・プレーヤーを購入
「MG-E502」ケンウッド製09年 ほぼ新品の中古 ¥3.1k
音の評判が良いもの探しました。イコライザーが付き、自分好みに音の加工ができます。
一ヶ月前には、同じく、小型スピーカー「GX-R5U」サンスイ製00年 新品 ¥2k

昨年、オデカケの際に購入した高音質イヤホーンに触発され、遊び心でノートPCにGX-R5Uを。
見違えるほどにノートPCの音が改善されました、が、やはりスピーカーの箱が小さく低音がイマイチ。
改良にWinamp等のソフトも考えましたが、以前から気になっていた、ウォークマン等のデジタルプレーヤー。
イコライザーを使い、望む音が出せたら、とネットで音質の評判の良いものを探したところで
ケンウッド「MG-E502」を。
遊びです、安いに越したことはありません。
結果、スピーカーGX-R5Uは程ほどに音を鳴らしてくれますが、もっとも驚いたのが、MG-E502
と付属イヤホーン。いい音がでます。満足!
今は、車のステレオにAUX接続して更に満足満足!
c0116284_1732970.jpg

c0116284_1741134.jpg

c0116284_1743917.jpg


普段、音を楽しむのはPC~ミニコンポアンプ~こちらの↓古いスピーカー
25年程前に店頭で音を聴き比べ、ちょっと頑張って買ったアイワNS-X5のスピーカーです。
スピーカー前面のネットが切れてきましたが、資料棚から張りのある音を出してくれます。
c0116284_17103952.jpg


聴く楽曲はYouTubeからMP3変換して聴いていますが、ソフトは最近、
「Free YouTube To MP3 Converter」を使っています。
以前使っていた「CravingExplorer」より、私のPC環境では良いデス。
もっと手軽で早い変換ソフトありますか?

YouTubeですが、この前、とんでもなく良い音、レコード原盤から録ったのではないか?
と思われるほどに感嘆したものがあります。
自身、レコードを持っているのですが、まったく違い、高音質でビックリ。
過っての、サイケデリックに染まった少年は聞いてください。

 ジェファーソン・エアープレイン ”あなただけを” 


[PR]

by eastcoast92 | 2012-02-23 19:05 | レコード
2011年 09月 04日
南條耕平くん すごい
先週からずっと雨降り。我が家では心配した台風による被害も幸いなことに無し。
昨日は、土砂降りの雨で外に出ることも出来ず、PCの前で一日。
そして、YouTubeを検索中に見つけたのが、彼「南條耕平」君。
リトル・テリー・コーヘイと称し寺内タケシを師匠と崇める。
現在、中学3年生。小学5年生の頃からステージに立っていた様子。
何しろ上手い!。
派手なフリをせず、真面目にギターを弾く姿が好ましい。
まぁ一度ご覧あれ。昔、エレキにシビれたおじさんにゃあ、ガツンと来るものがあるんです。

ブログを見ると、夏休みは来春の高校受験に向けた夏期講習を受けたりと今の中学生の切ない思いも伝わってきます。
それでも、けっこうな数のステージをこなしていますが(労働基準局は問題ないのか?心配)、テスト期間、修学旅行中はステージをお休みです。

こちら 南條耕平公式サイト のYouTubeのボタンをクリック。


c0116284_1753849.jpg

c0116284_186862.jpg

  ↑ 修善寺 骨董蚤の市 にて
[PR]

by eastcoast92 | 2011-09-04 18:01 | レコード
2011年 07月 09日
梅雨明け・・・太陽の彼方に♩
今日は朝からお天道様はカンカン照り。
気持ちのよい空の蒼さです。
この時期には、アストロノーツの「太陽の彼方に」!
youtubeで探し出すと、もう気分は高揚。あぁあ、坊主頭の頃の夏を待つ気分に戻ってしまった。
そんな気分で、カメラを抱え付近をぶらぶら。
c0116284_17535137.jpg

c0116284_17542622.jpg

c0116284_17545473.jpg

c0116284_17554218.jpg


♩太陽の彼方に

こんなのも The T-bones 「ビートでO.K」

[PR]

by eastcoast92 | 2011-07-09 18:07 | レコード
2009年 01月 10日
見せられないジャケット 緑魔子
今日、12chのビートたけしのTVで「太田裕美」が登場。
別にファンではありません。が、以前、彼女がNHKFMで週一の番組を持っていて、ちょくちょくと聞いていまして、「なかなかいい感じの人」と思っていました。
若い頃の有り体は、アイドルからは、ちょっと外れ、歌うまく、自作自演も出来る、ちょっと控えめな感じで、私は、好感は持っていましたが、関心は有らず。
久しぶりに、「木綿のハンカチーフ」を今日じっくり聞きましたが、イイ。
出色の曲だったなぁと、30数年も経って感心。
で、そんな感想を持つうちにレコードの話でブログを更新しようと。

正月帰省の子供が、私のレコードを東京に持っていくと云うので、3日の日に半日掛りで、レコードジャケットを写真に撮りました。(たぶん、子とは言え、貸したものが帰ってくる可能性は極めて低い。よって、記念撮影です。)
ところで、私はアイドルのレコードは持っていません。邦楽も少ないのですが、子供に見せなかったレコードが2枚あります。
一枚はLPでNHKの「名曲アルバム」(赤とんぼetc)(わたし用ではありません)。
それと、シングル盤で・・・ 「やさしいにっぽん人」 映画の主題歌で、サウンドトラック盤です。
歌=緑魔子 主演が、河原崎長一郎・緑魔子ってとこだとおもいます。たぶん映画は見ていません。
歌詞は 疲れたら、眠りなさい・・・ で始まるハズ
下の写真は、ジャケットの右側だけになるようトリミングしてあります。
ジャケットの折り目から左側には公序良俗に反すると思われる、映画の、・・・桃色な・・・シーンが散りばめられており、私としては、ネットで公開するのも恥ずかしい思いもあり、当然、大学生と云えども我が子に対しても Cut!!
c0116284_0511942.jpg

「魔子」、近頃、こんな尖った名前で出てくる俳優いませんね。
昨年、TVで、緑魔子のナレーションを聞きました。健在の様です。

ちょっと、目を穢したかも知れませんので・・・
c0116284_164363.jpg

「ナポレオン・ソロ」のテーマ
私がはじめて買ったレコード。中一の時です
ロバート・ボーンとイリア・クリアキンのコンビ、秘密諜報員のストーリーでした。

ついでに、当時は007からのスパイ物が流行っていて
ジョニー・リーバース「シークレット・エージェントマン」 裏面もヨシ。
c0116284_1365286.jpg


明日は、どんどん焼きの準備だぁ・・・・・。
[PR]

by eastcoast92 | 2009-01-10 01:38 | レコード
2008年 11月 01日
「安田 南」
「安田 南」
「サム・フィーリング」 買ったのは、30年以上も前の24才の頃で、自由が丘、精琴堂にて。
当時、ジャズボーカルで目立っていたのは、笠井紀美子の方か。笠井紀美子を「陽」とすれば、南は「陰」か。笠井紀美子は上手いし、パワフルだったが、南は、何と云うのか、感情を伝えるとでもいうか、軀に染み入る歌を歌った。
笠井紀美子が大通りの日向を早足で闊歩するのに対し、南は暗い裏通りを煙草吹かしてフラフラ歩く、といったような光景が似合う、そんな歌手だった。

安田南、現在、消息不明。 やっぱりね。
googleの検索を掛けても、今を知ることは出来ない。

--2012年 追記---
現在Wikipediaにおいては、2009年に亡くなられたとの記事が見られます。
そうか・・・そうでしょうね。
 合掌

c0116284_1146514.jpg

c0116284_1147935.jpg

LPジャケット写真:中平拓馬
c0116284_11484770.jpg

家の周りに有った、「ツワブキ」(磯蕗)・(菊ではないよ)(笑い) ・・・(me&her)

実は、私の長女誕生の際の命名では、この「南」、それがダメなら「美波」を最初に考えたのです。 が、成りませんでした。
[PR]

by eastcoast92 | 2008-11-01 12:09 | レコード
2008年 10月 30日
レコード
倉庫の隅の隅から捜し出し、やっとこさ引っ張り出したレコード群。
家を離れ、大学生生活を送っている息子から、二年ほど前に注文を受け、帰省する度に、催促されていたのだが、涼しくなってきたことも有り、やっと捜す事に。
レコードプレーヤーは何処からか手に入れたらしく、しかし、音源が無い。
確かに、レコードは25年ほど前に製造を停止し、CDに移行したので、今の若い連中は知らない。
実家の我が家には、私のプレーヤーがあるのだが、疾うの昔に、ベルトが切れ使い物にならない。ベルトドライブのプレーヤーも古い話だ。今はダイレクトドライブだと思うが。

レコードは中学1年から。毎月の小遣いから、そしてある時は、親にお金をネダリ、買っていました。それに、雑誌「ミュージックライフ」を毎月購入。
学校から帰れば、ラジオの前に座り込み、ロック、映画音楽、ムード音楽といろいろ聞いていました。
c0116284_18162423.jpg

c0116284_18173475.jpg

もう少し、あるはずですが、取り合えず、大方は手元に。
思い入れの強いレコードもあるので、これから、度々、登場させます。

いやあ、懐かしい、あ~嬉しい。
[PR]

by eastcoast92 | 2008-10-30 18:27 | レコード