<   2012年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2012年 05月 29日
砂に書いたラブレター つづき
c0116284_18235510.jpg

c0116284_18264170.jpg

c0116284_18245710.jpg

c0116284_1828385.jpg

c0116284_18253352.jpg

c0116284_18282870.jpg

c0116284_18285475.jpg


ファインダー越しに撮るのは、やはり50mmのレンズが感覚的にはフィットするので
無性に使いたくなります。
APS-C機では画角が狭くなるのがちょっと残念ですが。
こちらはMFのAI50mmF1.8Sで  今井浜・河津町
[PR]

by eastcoast92 | 2012-05-29 06:50 | 伊豆
2012年 05月 27日
砂に書いたラブレター
c0116284_21385618.jpg

実は家族愛
 20125/27
 村田FAMILY*
と書いてありました。
c0116284_21424420.jpg


c0116284_21443797.jpg

c0116284_21451460.jpg

c0116284_21454081.jpg

今日は暑かった。
午後より浜辺をぶらぶらと
                 今井浜・河津町
 /D7000 AIAF 28mmF2.8D
[PR]

by eastcoast92 | 2012-05-27 21:51 | 伊豆
2012年 05月 26日
黒船のまち 下田

c0116284_116476.jpg

c0116284_11113094.jpg

c0116284_1161519.jpg

c0116284_1171197.jpg

c0116284_1116143.jpg

c0116284_1145950.jpg

[PR]

by eastcoast92 | 2012-05-26 11:37 | 下田
2012年 05月 21日
2012黒船祭
第73回下田黒船祭(5/18-20)から

「撮り鉄」の仲間に入れてもらおうかな、ッと。
c0116284_1891270.jpg

黒船祭はアメリカさんが来ないと祭りになりません。
アメリカ国旗のpopなデザインと色合が、華やかさを演出しますねぇ。
アメリカのオヤジも元気だこと!
まあ、私も高校時代には日米安保の反対集会に後ろの方でそわそわしてたこともありましたがね・・・
c0116284_1895489.jpg

c0116284_18102145.jpg

c0116284_18104444.jpg

海上自衛隊も軍艦マーチでパレード。パチンコ屋で聴くのとは違いますね~。
c0116284_18164942.jpg

岩手の山田町からも物産展参加。
絆Tシャツ、1500円。生ビール飲んでばかりいた友人に買わせました。
(俺はお前のお守りの行った訳ではないッ! 写真を撮りにいったのだ!)
c0116284_18223922.jpg

[PR]

by eastcoast92 | 2012-05-21 18:35 | 下田
2012年 05月 18日
*98円
先日、ホームセンターへ行った際、鉢植えのミニ薔薇98円とあり、母の日も終りましたが、カーネーション代わりに我が奥方へ一鉢。
安いし、たまにはこんな事でもしてご機嫌を伺おうと。
ではレジへ・・・
お金を払う際に、「298円で~す」と言われ、あれ!? しかしもう遅い!
多分、「2」が何かで隠れていたのですね。
c0116284_18172515.jpg


こちら、やはりホームセンターで。298円。
以前、眼鏡屋でVixenの紙製金環食メガネが≒1600円でしたので、こちらの品の安さに手が出ました。
製造会社を調べると、学校への理科等の教材会社で、紫外線等の透過率もVixenより低く安心できそうです。
ただ、月曜の天気が心配です。
c0116284_18252621.jpg


序でに、今話題の「トクホ」のコーラです。確か?111円。
肉を食べながら、コーラ!・・・今までなら不健全なところを、これからはこれがヨロシイ、のですね。
c0116284_18302498.jpg

[PR]

by eastcoast92 | 2012-05-18 18:35 | 遊び
2012年 05月 17日
the young-at-heart  VAN
コーヒー飲み過ぎたのか、眠れません。
「・・・・夜のしじまのなんと饒舌なことでしょうか・・・・」のジェットストリームは今もやっているのでしょうか。
残念ながら城達也さんもすでに旅立たれてしまいました。

床を這い出し、更新します。

"for the young and the young-at-heart" VAN
young、なんて言葉が過っては新鮮だった。あぁ、よわいですねこのコピーには。

c0116284_218251.jpg

c0116284_2184289.jpg

c0116284_219971.jpg

c0116284_2193278.jpg

c0116284_2195258.jpg


修善寺 /D7000

  聞いてみましょうか ナレーション・・・☆

[PR]

by eastcoast92 | 2012-05-17 02:32 | 伊豆
2012年 05月 13日
滑沢渓谷  湯ヶ島 伊豆市
しろばんばの里、湯ヶ島で観光マップを貰い、いろいろ新しい名所も知ったので、今日は「滑沢渓谷」を新しいトレッキングシューズでブラブラと。

滑沢(なめさわ)渓谷は天城山系を源流とする滑沢川沿いの渓谷。豊富な水流は狩野川源流となる本谷川に合流し、駿河湾に至ります。

c0116284_21272188.jpg

c0116284_21281932.jpg

c0116284_21274551.jpg

c0116284_21284475.jpg

c0116284_21294467.jpg

c0116284_21301580.jpg

c0116284_21303758.jpg

c0116284_21311447.jpg

[PR]

by eastcoast92 | 2012-05-13 21:34 | 伊豆
2012年 05月 12日
「わが母の記」を見て
先日、井上靖ファンの我がつれあいから映画「わが母の記」に誘われて、(この手の映画は、泣かせるんだろうな…)と云う事で多少渋々ながらも映画館へ。
久々の映画鑑賞、15年ぶりです。
原作は井上靖。原作を読んでいませんので、映画から受けた印象、感想をつらつらと書きます。

現在私も母の介護をしています。まあ、介護の入口くらいなものでしょうか。
井上靖の生い立ちは、ここ数冊、幼少から少年期の自伝的作品を読み知識としては承知しています。
長男・靖と母・八重、その親子の関係は現在の世に照らし合わせれば、かなり希薄です。

映画の出来から云えば、老耄(ろうもう)に対して、映画の作り手側の「突っ込み」が甘く、常識的であり、まあ映画ゆえ、ロマンチックな表現でまとめられている、といったところでしょうか。
私が興味を抱いたのは、八重の老後のその多くの面倒をみた妹夫婦の日常です。
当然、それは映画の主題とは違うのでさらっと扱われていますが、母の最期を看取った妹からの電話で、洪作(靖)が妹にやさしい言葉で礼を言うシーンには、感動。
このシーンで映画は纏まった印象を受けましたが、映画の本来の筋から言ったら受け取り方の方向が違うんでしょうね。

今のことばで「介護」、これは大変なんです。いろいろな人の介護の様子、話を見聞きしてきましたが、それぞれの家庭でそれぞれの介護があり、介護即ち、「格闘」「ぶつかり合い」が私の感ずるところなんです。
そうならなければ幸いなんですが・・・。

妹役のキムラ緑子、私の認識不足なんですが、いい役者です。よかった!
久々に見た小宮孝泰、頑張ってください。これからを期待しています。
洪作の末娘の持っていたオリンパスペンF(ハーフ一眼)、なるほど、当時のお嬢さんは持てたのか・・・、と思いましたが、帰り道でハッ!。
あっ、宮崎葵=オリンパス!そういうこと!

c0116284_16543984.jpg

c0116284_1185441.jpg

 /D7000 Retouch:Silkypix 
[PR]

by eastcoast92 | 2012-05-12 11:16 | 世間
2012年 05月 06日
しろばんばの里 長野部落 湯ヶ島(現伊豆市)
連休後半は汗ばむほどの好天でした。
大雨の後、かみさんが物置から埃色に染まった井上靖の文庫本を数冊を持って、机の上に。
残りの連休中、「夏草冬濤」を手にとって居ます。

長野部落は山間にあります。
連休には田植えが始まっているのかと思って来たのですが、気温の低い高地故か、田んぼはいまだ代掻き前の田あり、代掻きが始まったところあり、田植えの済んだところあり、とまちまち。
鯉幟が皐月の風にのり三軒の庭先で蒼い空に泳いでいました。

c0116284_10393091.jpg

c0116284_10422732.jpg

c0116284_10404748.jpg

c0116284_10412298.jpg

c0116284_10435745.jpg

c0116284_10442353.jpg

c0116284_10445517.jpg

c0116284_10453426.jpg

とある方のブログを訪れると、古いnikkor auto50mm/1.4で尾道の路地を写されてまして、
絞り開放、あるいはちょっと絞った写真で、ピント前部の描写が柔らかく好ましく思いました。
で、F1.4とはいかず、且つ、たいしたレンズでもありませんがF1.8を持ち出して畦を傷めないようにぶらりぶらりです。
[PR]

by eastcoast92 | 2012-05-06 10:38 | 伊豆
2012年 05月 01日
国重文・岩科学校 岩科村(現松崎町)
岩科学校、国指定重要文化財。
明治13年竣工。
明治期は、辺境とも言える伊豆の半島部においては松崎を中心にした小さな地域で子弟教育に非常に力を注いだ時期でもあります。
明治初期既に私塾も開かれ、その後の国内外で活躍する多くの人材をこのごく小さな地域から輩出しました。
私の住む半島東側は、熱海・伊東も含め・・・残念ながら(笑)ノンビリしていたようで。

岩科学校
c0116284_18191312.jpg

c0116284_1819383.jpg

c0116284_1842368.jpg

三条実美の扁額
c0116284_18202595.jpg

入江長八の漆喰こて絵
c0116284_18222988.jpg

c0116284_18273495.jpg

昭和55年まで現在は隣に建つ岩科小学校の現役の校舎(音楽室他)として使われていたそうです。

More 続き
[PR]

by eastcoast92 | 2012-05-01 18:47 | 時代