2012年 05月 06日
しろばんばの里 長野部落 湯ヶ島(現伊豆市)
連休後半は汗ばむほどの好天でした。
大雨の後、かみさんが物置から埃色に染まった井上靖の文庫本を数冊を持って、机の上に。
残りの連休中、「夏草冬濤」を手にとって居ます。

長野部落は山間にあります。
連休には田植えが始まっているのかと思って来たのですが、気温の低い高地故か、田んぼはいまだ代掻き前の田あり、代掻きが始まったところあり、田植えの済んだところあり、とまちまち。
鯉幟が皐月の風にのり三軒の庭先で蒼い空に泳いでいました。

c0116284_10393091.jpg

c0116284_10422732.jpg

c0116284_10404748.jpg

c0116284_10412298.jpg

c0116284_10435745.jpg

c0116284_10442353.jpg

c0116284_10445517.jpg

c0116284_10453426.jpg

とある方のブログを訪れると、古いnikkor auto50mm/1.4で尾道の路地を写されてまして、
絞り開放、あるいはちょっと絞った写真で、ピント前部の描写が柔らかく好ましく思いました。
で、F1.4とはいかず、且つ、たいしたレンズでもありませんがF1.8を持ち出して畦を傷めないようにぶらりぶらりです。
[PR]

by eastcoast92 | 2012-05-06 10:38 | 伊豆


<< 「わが母の記」を見て      国重文・岩科学校 岩科村(現松崎町) >>