2014年 02月 08日
Pentax SP、復活 その四
先ず、フジのネガ「SUPERIA PREMIUM 400」を二本使ってみました。
トーンは自分の好む範囲で決めましたが、カメラ屋さんでプリントすると、もっと強くするんで
しょうね。
それと、スキャナーからの取り込み時の設定も個人の癖(個性(笑))がでるでしょうね。
スキャンモードは「プロフェッショナルモード」を使い、48bitカラー、2400dpiを使いました。
調整は「自動露出」を使うとコントラストが強く出ますので、ヒストグラムの調整が必須。
「ヒストグラム調整」でRGB各色の調整は、小生のような判断基準も持たない初心者には、戸惑
うことが多かったです。
比較的簡単に済ませるのは、「自動露出」でトーンカーブのみを調整し、取り込む方法でしょうか、、、
PCに取り込み後は、レタッチソフトや現像ソフトで再度調整し、保存です。
今後、スキャナーのモードは、他の手っ取り早いモードも試してみようと思います。
次はコダックを使ってみて、フジとの違いが判れば幸いですが。

 SMC Takumar 55/1.8
c0116284_14413545.jpg

c0116284_14433547.jpg

c0116284_1581024.jpg

c0116284_1444018.jpg

c0116284_1444496.jpg

c0116284_1445523.jpg


 伊東 松川にて

 /Pentax SP & Fuji SUPERIA PREMIUM 400, Epson GT-F600

by eastcoast92 | 2014-02-08 15:11 | カメラ


<< 菜の花結婚式 2014 南伊豆      Pentax SP、復活 その参 >>