2015年 04月 03日
三宝柑(さんぼうかん)
わたしの事務所の窓の真ん前にある「甘夏」の木にことしも「三宝柑」が生りました。
もっとも今の時代、このミカンを店先で見ることは無いと思います。古~いミカンです。
母が過って植えた木で、元が夏みかんで、挿し木で三宝柑、さらに甘夏を挿したのだと思います。
枝が伸び、窓の視界を遮るために、毎年、枝を落としていくうちに、昔の三宝柑が付くようになり、今年は5個実りました。
食べると、酸味は昔の夏ミカンなどの酸っぱさを知っている者としては、それほどでもありませんでした。大丈夫。
でも三房も食べれば、もう結構、、、。小生、それほど酸味のあるミカンを好きではありませんのでね。
(皮が汚れていますが、拭けば取れます。(^-^))
c0116284_11584919.jpg

c0116284_1159075.jpg

このところ桜の記事が続いたので、ちょっと酸味の利いた記事で更新。
明日はまたオールドなレンズが届く予定なので、また桜でも撮りに行けたら、と思っています。

 自宅
 /D7000
[PR]

by eastcoast92 | 2015-04-03 12:04 | 世間


<< 和製ズミクロン、エッ。      小学校跡地の枝垂れ桜(二) >>