2015年 09月 08日
富士の聖母像
スバルラインを下りながら道路端のフジアザミを観察と思い、どこか車を停められる場所を探していると結局二合目付近の駐車場まで降りてきてしまいました。
しかし、状態の良いフジアザミが見つけられず、そこでふと目に留まった「富士聖母像」の小さな立て看板。
気になり、薄暗い森の中へ小路を登っていくと、聖母子像が遠くに見えます。

こんなところに建てた意図は、個人の和みか贖罪の為か。どうせ管理も忘れられた御像だろうと皮肉な思いで近付くと、意外なことに台座の周りに枯れてはいますが花束や鉢植えが置かれ最近の信仰の跡が見えます。
何と言っても、御姿が綺麗であることで、洗いや清掃も行われ、個人でこれだけの維持をするのは信仰心の篤い方なんだろうなと感服。
野にある像は、汚れや、風化による劣化が早いもの、況してや、富士の厳しい環境です。
御像の裏に回ると1964の文字が読め、1964年に建立したものであることが推測出来ましたが、それにしては風化が殆ど無く、以前FRP製の観音像の清掃修繕に関わった経験から興味は進み、思わず材質を確認したくなり手で触れてみました。
FRPではなし、モルタル製でもなし、、、大理石か。何しろディテールがしっかりと残り、感嘆頻り。
設置の由来が書かれた案内板を見つけ「北区扶助者聖母会」から個人ではないことが分かり、これほどまでに整備を怠らずに管理している方々が気になり、家に帰りPCで調べると、星美学園を運営する「サレジアン・シスターズ」というカトリックの団体であること、また現在の聖母子像は二代目であることも分かりました。

世界の子供たちの平和を願って建てられた、優しく微笑む聖母マリアと御子キリストの聖母子像。心洗われる思いで合掌(仏教徒の倣いで)してまいりました。
是非、近くに行かれたらお参りください。
c0116284_17020426.jpg
c0116284_17023175.jpg
c0116284_17024899.jpg
 富士聖母像/富士山(9/4)
 /D7000



[PR]

by eastcoast92 | 2015-09-08 17:17 | 世間


<< 富士山でパン      富士山五合目(山梨) >>