2015年 10月 10日
苛波(いらなみ)・川奈
このところ南方や東の海上を通る台風により海は時化て、自家用駐車場は露天で、車は海の端を通る国道を使うので汐の飛沫を浴びることは必須。
一昨日、家に着き車を降りて外装を見ると汐の雫がいくつか目に付いたので、バケツに水を汲み、車にバシャバシャと浴びせ、気が済んだところで、翌日。
車の屋根、ボンネットに白い汐の涙のようなシミ跡があちらこちらに散らばっていました。
水を浴びせてもふき取らないと、水分が乾燥した後、塩分だけは水滴の淵に残って鋼板に残ってしまったのです。
横着してはイカンですね。
しかし、こんなにも汐を被っていたものとは。
c0116284_18360496.jpg
c0116284_18362961.jpg
c0116284_18430945.jpg
c0116284_18440290.jpg
c0116284_18443054.jpg
c0116284_18365879.jpg


 川奈/伊東市
 /D7000





[PR]

by eastcoast92 | 2015-10-10 18:46 | 伊豆


<< 潮風の贈り物、桜花      大村博士の土 >>