2016年 09月 24日
北の旅(十)完  函館の市電
市電に最後に乗ったのは確か広島ではなかったか。
久方ぶりに乗った市電。イイもんですねぇ。
バスのように右に左に振られることもなく、急な減速、加速もなく、体に馴染んだスピードでのんびりと進み、町の景色を楽しむことができます。

わたし電車のマニアではありませんが、でも機械であることには心ときめくものがあります。夜ともなれば流し撮りにも挑戦。
c0116284_10455534.jpg
c0116284_10462304.jpg
c0116284_10470236.jpg
c0116284_10472416.jpg
c0116284_10474321.jpg
c0116284_11020465.jpg
ブラタモリで見た操車塔。現在は使っていませんが、過ってはここに係員が入って、市電のポイント切り替えや市電用信号を送っていたそうです。
昭和14年~平成7年。現在形態保存。函館十字街。
c0116284_10475963.jpg
9月7日、さよなら函館山。函館駅より。
c0116284_11035480.jpg
今回の「北の旅」記事、先ずは「完」です。 
尚、今回の旅にお誘い頂き、また旅程も計画下さったAさんにお礼申し上げます。ありがとうございます。m(__)m

 函館市/北海道
 /D7000









[PR]

by eastcoast92 | 2016-09-24 11:19 | 遠く


<< 案山子三姉弟   F4      北の旅(九) 函館市末広町付近... >>