2016年 12月 09日
無住寺の暮
そろそろ師走の寒さも募る頃。先日は803年弘法大師が開山し現在は無住の寺、富貴野山宝蔵院へ。
今年は最後の参拝か。賽銭はと、財布に小銭を探れば五円一枚一円玉二枚のみ。万札は御免なさいと、さらりと賽銭箱に入れて合掌。
今回は当時の参拝道「男坂」「女坂」を歩きました。
c0116284_15070784.jpg
道端の石仏。地蔵菩薩と思われます。願主は極楽浄土を想ったものか。
刻まれた文字を読めば享和二年とある。享和元年が1801年で享和の年間は3年と短い。
そのころの出来事を調べると、元年に伊能忠敬が全国を測量開始とある。二年は、遠山の金さんまだ九歳。
今で云うインフルエンザ「お七風」が流行ったのだそうだ。
この十一年前には江戸市中の銭湯は男女混浴禁止、です。


宝蔵院境内 師走。
c0116284_15435064.jpg
c0116284_15451815.jpg
c0116284_15453607.jpg
c0116284_15472654.jpg
c0116284_15474080.jpg
 
 富貴野山宝蔵院/松崎町
 /D7000







[PR]

by eastcoast92 | 2016-12-09 18:00 | 伊豆


<< 歳末      寺 初冬 >>