2016年 12月 15日
ネバーエンディング・ストーリー
高校時代、カラスを飼っている同級生がいて、挨拶を教え込んでいて、オウムと同じように喋るといっていたことを思い出す。
そのときからカラスに対する認識が変わったのだが、今はその時以上に畏怖さえも感じる。
ある人はカラスをからかったら、車に乗るときに空から空き缶を落とされた。
夏ミカンを両足で掴み飛び立ち、厚い皮を破るのに地上に落とす。
屋根に落とされたのは我が家です。そして朝を教えられた。
c0116284_11441049.jpg
c0116284_11452667.jpg
c0116284_18081874.jpg
c0116284_18085065.jpg
 松川沿い/伊東市
 /D7000 retouch:Nik_Color Efect Pro4





[PR]

by eastcoast92 | 2016-12-15 18:19 | 伊豆


<< 北条の城      受難 >>