カテゴリ:遠く( 37 )

2016年 05月 29日
東北の旅番外編 磐越西線
猪苗代の駅には44年前にも降り立っている。写真はその当時のもの。
駅前の通りは店も開き、パチンコ屋もあってそれなりの田舎の駅前通りであったように思う。
二枚目は観光協会にて、案内していただいた方を写したものです。
c0116284_1210376.jpg
c0116284_11062642.jpg

(下)現在の駅前。パチンコ屋さんは既になし。呉服屋さんが健在のようだ。しかし車の往来が全くなく、この通り(県道)の写真を撮るのに道路を独り占めで幅員をふらふらと行ったり来たり。
猪苗代町の中心街はこちらではないが、電車の本数も時間一本と少なくなり、何処も同じ過疎という逆らうことのできない時間の流れをここでも感じました。
観光協会の建物は駅脇のJRレンタカーの隣に場所が変わっていました。
c0116284_09214061.jpg
猪苗代駅
c0116284_09221412.jpg


磐越西線を郡山から猪苗代に向かう途中駅で過って行われていたスイッチバックの案内が電車のアナウンスがあったようで、カミさんがそのことを告げた。
思い出した!そうだスイッチバックを乗ったのだ。
下の写真はなぜ撮ってあったのか不明でしたが、理由が分かりました。当時はまだスイッチバックの運行を行っていた「中山宿」の駅を車窓から写したもの。
現在は駅の位置が変わり、旧中山宿駅はホームが保存されています。
c0116284_10561130.jpg

 福島県
 /D7000




















[PR]

by eastcoast92 | 2016-05-29 16:32 | 遠く
2016年 05月 16日
円通院  松島
宮城松島の観光は瑞巌寺がもっとも有名でしょうが、瑞巌寺を回ったあとのここ円通院は静かなこじんまりとしたお寺。
縁起は伊達政宗の孫の光宗の菩提寺です。
c0116284_11165971.jpg
c0116284_11171836.jpg
c0116284_11173453.jpg
c0116284_11174986.jpg
c0116284_11181165.jpg
c0116284_11182869.jpg
c0116284_11184836.jpg
最後の花は「雪餅草」。神秘的な雰囲気のある花です。(4/26)

 /D7000









[PR]

by eastcoast92 | 2016-05-16 17:43 | 遠く
2016年 05月 15日
観自在王院跡  平泉
観自在王院は藤原二代基衡の妻室が建立したものとされています。
天正元年(1573年)の兵火で焼亡。
中尊寺、毛越寺と共に平泉世界遺産の構成資産となっています。

4月26日 早朝の観自在王院跡にて 
c0116284_00125044.jpg
c0116284_00134962.jpg
c0116284_00141011.jpg
c0116284_00144778.jpg
c0116284_00152556.jpg
4月下旬とは云え、朝はまだ肌寒かったです。しかし心地よい空気を一杯吸い込みました。

 /D7000





[PR]

by eastcoast92 | 2016-05-15 18:33 | 遠く
2016年 05月 14日
中尊寺(その二) 平泉
4月23日から26日までの東北の旅、備忘録としてもう少し続けます。

今の時期になって桜の登場する写真も何ですが、、、。東北で気が付いたのは私が回ったところでは、花がソメイヨシノよりやや小振りな、エドヒガンと呼ばれる桜が多かった。
最初は山に咲く豆桜にしては花がちょっと大きい、ソメイヨシノにしては葉が出ている。かといって大島桜にしては花が小さい。中尊寺のカフェで聞いてみたのですが、分からず。
松島に行って、桜に名札が掛かっていたことから判明。

 弁慶堂
c0116284_23385617.jpg
c0116284_23392031.jpg
 月見坂
c0116284_23401360.jpg
c0116284_23502250.jpg
 そのほか
c0116284_23504232.jpg
c0116284_23510656.jpg
c0116284_23513785.jpg
 /D7000









[PR]

by eastcoast92 | 2016-05-14 23:54 | 遠く
2016年 05月 06日
中尊寺(その一) 平泉
奥州藤原氏ゆかりの寺。境内には多くの堂宇があります。
観光客は多いのですが、雰囲気のある良いお寺でした。(4/25)

 経堂
c0116284_15260885.jpg
 峯薬師堂
c0116284_15270549.jpg
c0116284_15400719.jpg
 鐘楼
c0116284_15480116.jpg
 白山神社能楽殿
c0116284_15590539.jpg
c0116284_15592351.jpg
c0116284_16511951.jpg

 弁財天堂
c0116284_16153777.jpg
c0116284_16234816.jpg

 /D7000







[PR]

by eastcoast92 | 2016-05-06 16:35 | 遠く
2016年 05月 04日
毛越寺 平泉
レンタカーのナビの話の顛末がしっぽ切れで終わっていました。
翌25日、朝8時半にJR猪苗代駅脇の小さなJRレンタカーへ。対応の方は24日と同じ。たぶんいつもこの方なのだろう。
必要となる収めの点検等の手続きを進めるが、人のよさそうな方で、話しつつこちらも和んでしまい、とうとうナビの不具合は言い出せなかった。
そして磐越西線猪苗代駅から郡山で東北新幹線へ乗り換え、一ノ関へ向かう。
途中新幹線内でわたしの携帯が鳴った。誰だろうと電話を取ると、レンタカーの方だった。
「座席の下に眼鏡ケースが落ちていまして・・・」。バッグのポケットに眼鏡ケースがない!朝、運転中にブレーキを踏んだ時に後部座席からバッグが転げ落ちた時、ポケットから抜け落ちたのだ。
着払いの宅配便で送ってもらうことが出来、やれやれ。隣に座る連れ合いと共に、やっぱりナビのこと言わないでよかったね、という話になりました。
(誰か同じレンタカーに乗ったら、鶴ヶ城への道案内は気をつけてね。)

4月25日 毛越寺(もうつうじ) 平泉/岩手県
c0116284_12302970.jpg
c0116284_12304925.jpg
c0116284_12312369.jpg
c0116284_12320303.jpg
c0116284_12321847.jpg
c0116284_12323525.jpg
c0116284_12333691.jpg
c0116284_12325339.jpg
c0116284_12330678.jpg
c0116284_12342666.jpg
今回レンズは一本、A09N2。バッグにやっと押し込みました。
(どうしても縦構図が多くなりますね・・・)

 /D7000















[PR]

by eastcoast92 | 2016-05-04 12:41 | 遠く
2016年 05月 02日
あいづっこ宣言 「ならぬことは ならぬものです」
飯盛山。白虎隊士の墓へ
参道の店前に掲げられた「あいづっこ宣言」を見つけました。
以前テレビで取り上げられたことがありました。会津っ子は皆暗唱できるという話でした。
過っての会津藩の「什の掟」に基づき、大人も含めた現在の規範とのこと。
c0116284_12054808.jpg
近くにある円通三匝堂(さんそうどう)、通称「さざえ堂」。
二重らせんの斜路を持ち、右回りの上り斜路をに三回廻って最上層に上りそのまま下り斜路に繋がり、人に擦れ違うことなく出口(入口)に降りてくる特異な構造をみることができます。
c0116284_12200137.jpg
c0116284_12204252.jpg
c0116284_12210424.jpg
飯盛山を下って町営駐車場に戻り、トイレに入ると、腰壁に張られた杉の羽目板に目が行きました。
トイレとは云え良い材料を使っている。先ず節がない。板の色にムラがない。
わたしの関係してきたところでは、こういった工事の場合先ず施工者から聞かれる(懇願)のは「節があってもいいですか?」「色が揃わないのは木の性質上しょうがない」。
いかにも、いかにも。そのとおり。わたしも現場ではそんなことを行ってきました。
しかしこのとき、会津人の気質か「ならぬものはならぬのです」を感じ入ったのです。
c0116284_12215403.jpg
 飯盛山/会津若松市
 /D7000





[PR]

by eastcoast92 | 2016-05-02 12:26 | 遠く
2016年 05月 01日
鶴ヶ城 会津
五色沼から大内宿へのレンタカーでの移動時間を読み間違い、鶴ヶ城に着いたのが午後4時過ぎ。
このときちょっとしたトラブル。
レンタカーに付いたナビで大内宿からこちらまでやってきたのですが、既に城は見えているところで、ナビの案内は細い道の住宅地の中へ。
えっ!と思いつつも、わたしより先にもう一台この道を曲がった他県ナンバーの車があったので、ナビに従い先に進んで行くと、道の案内板に「この先行き止まり」の文字。
おいおい、しかし、先に行った車もあるし・・・首を傾げつつそれでもナビを信じて進むと、道の先に見えるのは、先の車が立ち往生。バックライトが光りだした。道路の先を石垣が塞いでいる。
やれやれ、ナビの間違いだ。わたしは私有地の駐車場をお借りして、方向転換。先の車はかなりの距離をバックで引き返してきた。
車を返す時に、ちょっと一言、古いナビは替えた方がいいことをレンタカー会社の人に言い添えようと思た。が、しかし翌日・・・

c0116284_12224457.jpg
c0116284_12232719.jpg
c0116284_12241294.jpg
c0116284_12250207.jpg
c0116284_12255268.jpg
東北では行く先々で自生した綺麗な山吹を見ました。
c0116284_12262511.jpg
城に接して会津高校があるようだ。今は千葉に住むM君の母校。
c0116284_12382990.jpg


 鶴ヶ城/会津若松
 /D7000







[PR]

by eastcoast92 | 2016-05-01 12:32 | 遠く
2016年 04月 30日
大内宿(その二) 寄ってけ、飲んでけ って言われても、、、
大内宿。
旧下野街道宿場道の復路の終わりで、芸者さんとおとうさんが食堂の縁側に座り込み一献の場面に。
そっとカメラを向けると、寄ってけ、飲んでいけ、の連呼。

わたしたちがここを歩き出したときに、神主さんらしき袴を穿いた人やスーツ姿の身なりの一団を見かけたが、どうも地元の方々のようだった。
聞くと今日は祭りだという。
観光客相手の食堂で、直会(なおらい)か。宴席は狭く、美人の芸者さんと縁側へ内緒で抜け駆けといったところ。
大きな丸い器で酒を注いでいました。まだ少し肌寒い会津の昼下がり、ほろ酔いに春満開。
c0116284_10171534.jpg
「あら~、こんなところで…」 お姉さんに見つかてしまった。
c0116284_10180731.jpg
c0116284_09185368.jpg
c0116284_10194493.jpg
c0116284_10202950.jpg
c0116284_10212044.jpg
c0116284_10215636.jpg
c0116284_10233121.jpg
c0116284_10223036.jpg
c0116284_10252365.jpg

 大内宿/福島県南会津郡下郷町大内 (4/24)
 /D7000














[PR]

by eastcoast92 | 2016-04-30 10:31 | 遠く
2015年 09月 06日
富士山五合目(山梨)
山梨県側の富士山へ登ることに。と言っても車でですが。
静岡県側は30年以上も前に富士宮五合目に行ったことがあります。
富士スバルラインと言う名の有料道路に入ると、料金¥2060也、お~~~お、高い!!
因みに静岡県側の五合目までの道路、富士山スカイラインは以前は有料でしたが既に無料。
スバルラインも工事費用の回収は済んだようですが、しかし、維持費に使うので有料のままの様子。
黒駒の勝蔵よろしく、まあショバ代を出しなせい、との仰せか、、、

天候が気になりましたがなんとか写真のような様子で、山頂は偶に雲間から望むことができました。
しかし、終点の五合目は夏休みを過ぎても、大勢の人出でして、驚くなかれ、日本語が聞こえてこない。
耳をそば立てて祖国の言葉を探すと、10の会話の内にひとつふたつ聞こえてくる程度でしょうか。
昼食は食堂で「豚丼」。これがニンニク臭くて、わたし苦手でしてね。
霊峰富士をながむるに、口の中にニンニクの味が残るのは、これは神事に仏事において拙い。そんな独り言を。
すこし登山道を歩いてみようかと歩きだすと、馬屋のおやじに「だんな」「だんな」馬に乗りなせ、と付きまとわれ、そんなこんなで結局落ち着かないので、早々に道路を下ることに。
しかし、途中、奥庭自然公園の駐車場で車を停め、遊歩道に沿っての散歩が気持ち良かったこと。人も少なく、富士の気分を満喫しました。

道路終点五合目
c0116284_11370300.jpg
c0116284_11404251.jpg
c0116284_11410519.jpg

奥庭自然公園にて
c0116284_11432861.jpg
c0116284_11434300.jpg
c0116284_11441452.jpg
 富士スバルライン/山梨県
 /D7000




[PR]

by eastcoast92 | 2015-09-06 11:46 | 遠く