<   2015年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2015年 09月 28日
月見
昨日、仲秋の名月。今日、十六夜の月。

昨日は遅くなって雲を伴いお月さんが出てきました。
今日は海に霞がまだ残る中を登場。いざよいの月。

十五夜
c0116284_22475837.jpg
c0116284_22484815.jpg

十六夜
c0116284_22493719.jpg
c0116284_22520887.jpg
c0116284_22510469.jpg
c0116284_23085772.jpg
 /D7000







[PR]

by eastcoast92 | 2015-09-28 22:55 | 自然
2015年 09月 26日
不老長寿の果物
「いちじく」は不老長寿の果物とか。
A農園からの戴きものです。実のところこういった熟した食べ物は苦手なのですが(熟柿やアケビ)、「不老長寿」に、とか聞けば食べない訳にもいかず。

c0116284_16002402.jpg
c0116284_16005913.jpg
c0116284_16024026.jpg
初めて食べました。触ると崩れそうな実を手でそっと二つに割って、外の皮を残すように食べる。連れ合いからそのように聞きました。
恐々口に運んだので、皮の部分に多くの実を残したような、、、勿体無い食べ方になりました。
次回はもう少し綺麗にたべるように、いたします。

甘いと聞いていましたが、ブドウ、ビワ、桃、バナナ…、甘党を自認する私からすれば、甘さでは、左記のものに軍配をあげざるを得ない。
しかし、「不老長寿」には勝てません!

 1:AI 50mmF1.8S 2.3:SP90/2.8 macro Di
 /D7000







[PR]

by eastcoast92 | 2015-09-26 08:01 | 世間
2015年 09月 24日
若宮神社
下流・若宮神社にて(9/20)

賽銭箱の前に供えられた「天草」は海女による豊漁祈願か、それとも子供のまま事か。

c0116284_17264113.jpg
c0116284_17270677.jpg
c0116284_17273555.jpg
c0116284_17275564.jpg
c0116284_17282233.jpg
c0116284_17284414.jpg
c0116284_17290282.jpg
c0116284_17291926.jpg
 下流/南伊豆町
 /D7000











[PR]

by eastcoast92 | 2015-09-24 18:30 | 伊豆
2015年 09月 22日
晩夏 ’15 その参
南伊豆町下流(したる)、昨日の続きです。
古いレンズの虫干しを兼ねて撮影行。汗も掻くようでいて掻かず、気分は上々。
今回はまた新しいものを見つけ、歩き甲斐がありました。

c0116284_10093813.jpg
c0116284_10100013.jpg
c0116284_10102800.jpg
c0116284_10105264.jpg
c0116284_10112307.jpg
c0116284_10115923.jpg
c0116284_10123648.jpg
c0116284_10181685.jpg
 /D7000







[PR]

by eastcoast92 | 2015-09-22 10:23 | 伊豆
2015年 09月 21日
晩夏 ’15 その弐
世はシルバーウィークとか。
今日は「勤労感謝の日」と人に話をしていたが、昼のニュースで聞くと「敬老の日」だという。
え~え、そうだったのぉ。
だいぶ前から体育の日が動きだし、やたら祝日が動くので子供の頃の季節感で頭に浮かぶ祝日名を言うと、外れることがままあります。
「勤労感謝の日」は11月。このところめっきり涼しくなってきましたしね。
イヤ、違うでしょう!原因は、、、と、そういった御叱りは胸の内に仕舞われるのも、お互いのためでございます。
しかし、昨日、家人に向かって、明日は「勤労感謝の日」と発した言葉に、何の言葉も挟まれることなく会話は終了していたのですが、、、
まっ、お互いさま、といったところでしょうか。
やれやれ。

 晩夏 下流(したる)/南伊豆町 (9/20)
c0116284_15064399.jpg
c0116284_15072618.jpg
c0116284_15075969.jpg
c0116284_15083382.jpg
c0116284_15092475.jpg
c0116284_15094803.jpg
c0116284_15100521.jpg
 /D7000






[PR]

by eastcoast92 | 2015-09-21 15:17 | 伊豆
2015年 09月 16日
彼岸花
20日が彼岸の入り。
田では稲刈りも始まり、畦の曼珠沙華も真っ赤に盛りを迎えています。
また使いだした歩数計の10000歩を目標に、田んぼ周りを歩いています。
今回は古いレンズ、リケノン50/2.0とオートチノン135/2.8をバッグに入れて。

 XR RIKENON 50/2.0
c0116284_15264298.jpg
c0116284_15271940.jpg
c0116284_15273726.jpg
c0116284_15280396.jpg


AUTO CHINON 135/2.8
c0116284_15290410.jpg
c0116284_15292742.jpg
 池/伊東市、冷川/伊豆市



[PR]

by eastcoast92 | 2015-09-16 15:30 | 山野草
2015年 09月 15日
晩夏 ’15
 晩夏 松崎町 9/12/2015

c0116284_22333932.jpg
c0116284_22341566.jpg

c0116284_22344480.jpg
c0116284_22353877.jpg

c0116284_22365795.jpg
c0116284_22372395.jpg
c0116284_22362574.jpg




おもいでの夏 Michel Legrand





[PR]

by eastcoast92 | 2015-09-15 07:30 | 伊豆
2015年 09月 14日
飛鳥2
沖を往く「飛鳥2」。
9/11~13の横浜から出て伊豆半島東沖でターンして横浜に戻るクルーズのようです。
12日には歌手の杏里のコンサートが行われている。(リー・リトナーと結婚しているものと思っていたら、婚約を破棄していたのですね。知らなかったぁ)
このクルーズでお幾らするのか調べますと。
わたし向きにはどちらが… Kステート115,000円 Fステート134,000円 Eバルコニー154,000円 他、最高はSロイヤルスイートで532,000円
Kは部屋の窓の前に避難ボートがあり、Fは窓の外を通路が通ることが分かりました。折角なら Sロイヤルスイートでしょうかね。(^-^)

c0116284_16480465.jpg
c0116284_16481217.jpg
c0116284_16475178.jpg
 伊豆沖9/12
 /D7000


[PR]

by eastcoast92 | 2015-09-14 07:30
2015年 09月 13日
マネキン案山子、健在なり
マネキン案山子です。

去年も見た中伊豆冷川の案山子は今年も健在。衣装も今年のトップモードです!?
c0116284_14442219.jpg
以下は松崎町のマネキン。
随分と働いた様子ですね
c0116284_14480748.jpg
c0116284_14482601.jpg
c0116284_14485762.jpg
c0116284_14492824.jpg
美人案山子だったのでもう一枚
残念ながらお顔は拝見できず(田んぼの中に入らなければなりませんので)
c0116284_14500372.jpg
おまけです。
下田稲梓の県道沿いにある高齢者3,4人で運営する小さな田舎饅頭の店「おふくろのまんじゅう」にて。
よもぎ餅を買いパチリ。店の前のベンチで座っています。(等身大です)
(これがリアル案山子になるのですが、今年は見つけることが出来ませんでした。)
c0116284_14563521.jpg
 伊豆市・松崎町・下田市
 /K20D



[PR]

by eastcoast92 | 2015-09-13 15:04
2015年 09月 11日
トラッド案山子
稲穂も首を垂れてそろそろ刈り取りの時季。
昨今の稲田では案山子の復活がよく見受けられます。
近隣で目にするのはマネキン人形を使ったものや、遠目に、人かと見まごう写実的な案山子です。
しかし、マネキン型は首だけを竹の先にを差してまるで晒し首を田んぼに置いたものや、稲田に被さる樹木の枝にマネキンの首を幾つも吊ったり、どうも鳥を脅すよりも人を脅していているような代物もあって、顔が引き攣ることも。
又、リアル案山子はそれはもうよく出来た原寸大の人形で、田んぼに腰を掛けた様子のものや、稲田の畔の草を刈る姿のものもあり、動かない様から、あぁ案山子かと分かるのです。こうなると、騙されたわたしの立場がありません。

しかし乍ら、写真のような伝統的な案山子は、安心です。脅かされる訳でもなく、騙される訳でもなく、心和む案山子であります。
素材はビニールだったり、トレーナーを着たり今様にはなりましたが、ツバ広の破れ麦わら帽子を被ればトラッド案山子としては完璧です。
もしも、穴の開いたVANのトレーナーなんぞを羽織ったらそりゃもう大喜びございます。

そんな案山子にもひとつの疑問がありまして、実際に鳥はこれを怖がるのか?
永年の疑問でしたが、先日、確信致しました。鳥は人とは思っていない。
実はこの写真を撮る際に、稲田には先客となる一羽の子雀がおりまして、雀の二足は案山子の頭にあって、存分に跳ね回っていたのです。
c0116284_11482049.jpg
c0116284_11501280.jpg
c0116284_11495348.jpg
 池/伊東市
 /K20D



[PR]

by eastcoast92 | 2015-09-11 11:55 | 自然